アリノハネ?

アリノハネは北海道の美唄(びばい)市という、人口2万人くらいの小さな町にある鞄職人のお店です。
元々は作った作品やオーダーメイドのご依頼など、全てオンラインストア経由で販売をしていた為、特に住む場所はこだわらずに、富山県、北海道、岡山県、沖縄県、海外など点々と暮らしていました。
そして2017年の冬にヨーロッパから帰国し、2018年の1月から美唄市に移住、そして市内の中心部で店舗を構えました。

小さい頃から「こんな寒い土地でなぜ暮らさなきゃいけないんだ」と思って、20歳のときに地元の旭川を離れ、その18年後に地元に帰って、北海道の四季折々の景色を見ていると「あぁ、なんて綺麗な場所に生まれたんだろう。そしてなんて食べ物が美味いんだろう」と、ようやく北海道のその良さを知るようになります。

アリノハネは多分僕が中学生の頃に聞いた、「羽根の生えた蟻は、その蟻が『今、羽根が必要だ』と思ったときに羽根が生えてくる」という話から、うちの屋号にしました。
その屋号通り、転々としながら暮らしてきましたが、この北海道という土地の良さを知った今、この土地を拠点にして暮らしていこうと思っています。

当店が作る首輪は、僕が靴職人の弟子として革の仕事のキャリアをスタートさせ、その後鞄を多く作るようになっていく過程で身につけていった技術を僕なりに凝縮して制作を続けています。
買ってすぐにダメになってしまうものよりも、数年、もしくはその子が一生使えるようにと思いながら全てをアトリエ内で手作業で作っていますので、僕が作ったものたちをちょいと見て頂けたら嬉しいです。


■住所 〒072-0023 北海道美唄市大通西1条南2丁目2-13
■電話 0126-28-9150
■営業時間 10:00~18:00
■営業日 基本は金・土・日はOPENしています。火曜日が定休日となりますのでその日は完全にCLOSEとなり、他の曜日に関しては仕入れ等で店を開けていないこともございます。
遠方からお越し頂ける場合には、前もってお電話等でご確認頂けると確実です。